見出し画像

「ユーザーと近い距離でデザインをしたい」 植田 皓生 - 社員インタビュー #2 前編

こんにちは。株式会社VALUで採用担当をしています笛木です。

今回のnoteは、どのような人がどのような理由でVALUに入社を決めたのか、根掘り葉掘り聞き出す「社員インタビュー」の第 2 弾をお届けします。

今回は、デザイナーとして2018年10月に入社した植田 皓生さんを前編/後編の2回に分けてご紹介します。

植田 皓生(うえだ こうき)
2011年より都内プロダクションにてナショナルクライアントのWebサイトの企画・制作、デジタルコミュニケーション戦略、ブランディング・プロモーションにアートディレクター/デザイナーとして携わる。
2018年10月よりVALU社にデザイナーとして参画。

現在のお仕事について教えてください

植田:VALU社のデザイン全般を担当しています。具体的には、弊社が運営するサービス「VALU」や先日リリースした新規事業「Fundish」のデザイン全般、そしてVALU社のコーポレート周りのデザイン全般ですね。それらの業務を、私と業務委託のデザイナー1名で対応しています。

─ 過去のキャリアではどんなお仕事を?

植田:新卒入社した前職のWeb制作会社でアートディレクター/デザイナーとしてWebサイトやアプリの開発に携わっていました。
ナショナルクライアントの企業サイトリニューアルなどの大型案件をメインで半年から1年かけて担当しつつ、他にも並行してキャンペーンサイトや広告バナーのデザイン等の短期案件もやっていました。

デジタル領域の仕事が多いですが、デジタル/アナログに拘らずモノづくりは大好きなので、「東京ゲームショウ展示用のカスタムPCケースを作る」という案件を担当したことも。

画像1

ゲーミングPCを自分好みにカスタマイズする『PC case mod』という文化があるのですが、とあるPCメーカーから「東京ゲームショウに展示するオリジナルのゲーミングPCケースを作ってほしい」という相談が会社にきまして。

ちょうどその時期に趣味で3Dプリンターにハマっていて、中国から部品を取り寄せてプリンターを自作したり、3DCADでモデリングができるようになったので、このスキルを仕事で生かしたいなーと思ってて。
そのタイミングでこの案件が舞い込んできたので、すぐに「僕がやります!」と手を上げました。

笛木:すごい!趣味が仕事に繋がったということですか?

植田:そうですね。加工の難しい部分は江戸組子の職人や家具職人の方にお願いしましたが、それ以外のデザイン設計やパーツの組み込みはひとりで全部やりました。
中身のPCパーツを固定するためのマウンタは3DCADで設計し3Dプリンターで出力しました。就業後オフィスに残って朝になるまで黙々と作っていましたね。仕事ですが、ほぼ趣味みたいな感じで楽しかったです。

画像4

─ VALU社の面接を受けようと思った理由は?

植田:前職では、キャンペーンサイトや企業サイト、BtoBサービスの開発に携わっていたのですが、受託案件なので自分とエンドユーザーの間には発注元のクライアントがいて、今自分が作っているモノってエンドユーザーにとって本当に正しいものなのか?と疑問に思うことがよくあって、モヤモヤしていました。
もっとユーザーと近い距離でデザインがしたいなー、と思って転職を考えていた時に、知り合いのフロントエンドエンジニアの方から「最近VALUっていうスタートアップに転職した!めっちゃ楽しく仕事できて最高なんだけど、オフィスに遊びにこない?」と誘われました。
後日オフィスに遊びに行ったら、そのままMTGルームに案内され、目の前に社長と役員の方が座っていて、いつの間にか面接が始まってました(笑)。

─ 入社の決め手となったポイントや出来事は?

植田:僕が入社するまで、VALUのデザイン全般はPARTY社のデザイナーが担当していて、VALU社のデザイナーはまだいませんでした。
なので、今なら1人目のデザイナーになれるし、色々自由にできそう。というのが一番の決め手でしたね。
あとは社長が面接の時に『社員のことを一番に考えてるので、必要な環境は用意するし、VALUを踏み台にして良いキャリアを歩んで欲しい。』的なことを言っていたのも入社を決める後押しになりました。
結局社長がこの面接で喋ったことは、前述の話と『で今、年収いくらもらってるの?』くらいで、せっかちだけど話が早くて良いな、って思いましたね。

画像4

─ 入社前に不安はありましたか?

植田:初めての転職だったのですが、社内に知り合い(僕を紹介したエンジニア)がいたので、そこまで不安はなかったです。会社の雰囲気とかは事前に色々聞いてました。
不安だったのは、前職ではAdobe XDでUIデザインをしていたので、Sketch使いこなせるのに時間かかりそうだなー、とか。それくらいですね。

-------------------------------

次回、後編では入社後のVALU社の印象などお聞きしたいと思います!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
26
株式会社VALUでは、『評価の基準を変え、お金の流れを変え、フェアな世界をつくる』というミッションのもと、“VALU”と“Fundish”という2つの挑戦的なフィンテック事業を手がけています。現在、一緒に働く仲間を募集中しています! https://valu.is/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。