新機能導入の舞台裏(1)「トレンド投稿とフィルタ機能」

VALU ユーザーのみなさま、こんにちは!

カスタマーサポートを統括しております、なかめと申します。「VALU × note」の中にひっそりと「サポート通信」というタブがあるのに、一向に更新される気配がなく、時々覗きに来ている方がいらっしゃいましたら大変お待たせしました!

「VALU × note」では、普段のサポート業務に関連して、新機能導入の裏側や、ヘルプで紹介するにはちょっとマニアックな解説などを不定期にお伝えしていこうと思いますので、よろしくどうぞ。

さて、記念すべき1回目は、2018年7月9日、奇しくもこの記事を書いてる人の誕生日にリリースされました3つの機能についての導入の背景についてです。あ、宣伝余計でしたねw

今回、新たな機能として、特定の分野や、趣味関心などのキーワードでの交流を深められるよう、新たに「カテゴリ別人気投稿」と「ハッシュタグトレンド」機能を導入しました。これまでの VALU の SNS 機能が、VALU の購入(する、された)や、ウォッチなどをきっかけにした「人」ベースの交流という縦軸だとすると、新機能は、書いてる人のカテゴリや、タグといった「キーワード(ネタ)」ベースでの交流という横軸になるような、VALU ユーザーさん同士の新しいつながり方を後押しする機能です。

カテゴリ別人気投稿

最初はカテゴリ別の人気投稿リストです。以前のアップデートで、それまで職種をベースにしていたカテゴリにおいて、「その他」の職種に属するユーザーさんが増えすぎてしまった問題を解消するため、もう少し緩めの「分野」別のインデックスとして、カテゴリを再編成しました。

しかし、緩くした結果、各ユーザーさんの職種をそのままマッピングしにくいカテゴリも数多くあり(それでも、やむをえず自動的にカテゴリを変更することになり)、職種別にアニメーターさんなどを探していたユーザーさんなどが、カテゴリ別リストでは、興味関心のあるユーザーさんを探しにくくなってしまった面がありました。

そこで、ユーザーさんの投稿をカテゴリ別に分類して、人気の投稿をリスト化し、それぞれのカテゴリにどのようなユーザーさんがいるのか、どんな投稿が注目されているかを可視化することで、カテゴリに属する「人」を探すのではなく、各カテゴリで「面白い投稿をしている人」を探しやすくすることを狙って導入しています。

トレンドハッシュタグ

次に、使い勝手がよろしくなく、現状あまり利用されていないハッシュタグについて、直近の投稿からこれから人気になりそうな、勢いのあるタグを抽出し、トレンドとして上位のハッシュタグの新着検索結果にタイムラインからすぐにアクセスできるようにしました。ただし、polca などの外部サービスに関するもの、#VALU などの大味なタグについては、一部集計外としておりますので、ご了承ください。

以上、2つの新機能は、従来のウォッチリストとして自分で追いかけてるアクティビティとは別に、VALU 全体での人気のアクティビティにアクセスしやすくする機能です。

タイムラインのフィルタリング

それとは別に、従来のウォッチリストを表示するタイムラインにおいて、ウォッチ中のユーザーさんが増えた場合に、保有している VALU の発行者さんの投稿や、限定投稿を見落としてしまう、という要望もいただいておりました。

そこで、ウォッチ中の投稿のうち、「保有している VALU の投稿」や「VALUER 限定公開の投稿」だけをフィルタリングする機能を追加しています。

なお、ご案内した、各機能の操作方法についてはヘルプでも、ご覧いただけますので、あわせてご参照ください。

1回目からボリューム満点になってしまいましたが、今後も、続々と新しい機能をリリース予定ですので、ご期待くださいませ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
18

VALU LTD.

株式会社VALUでは、『評価の基準を変え、お金の流れを変え、フェアな世界をつくる』というミッションのもと、“VALU”と“Fundish”という2つの挑戦的なフィンテック事業を手がけています。現在、一緒に働く仲間を募集中しています! https://valu.is/

#スタートアップ 記事まとめ

スタートアップが手がけたnoteが集まるマガジンです。スタートアップが読むべき、知るべきnoteも選んでいきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。