那奈さん

いつの間にか魅了された美術の世界。 ビジュアルメーカー「那奈」

VALU初期からのユーザーさんであり、コツコツと活動を積み重ねてきた那奈さん。イラストやデザインを中心に、ビジュアルメーカーとしての活動は多岐に渡ります。美術の道を志した理由や、VALUを始めたきっかけはなんだったのだろうか。彼女の胸の内を探る。

美術の道に進む予感

―那奈さんは、どんなお仕事をされているんですか。
那奈 紙・映像・Webを中心にデザインやイラストをいろいろとやっています。もともとテレビ関係の会社に勤めていたので、その繋がりでテレビ用の映像を作ったりもしますし、フリーランスだからこそ、いろんな方とお仕事できて楽しいです。

―何がきっかけで現在のお仕事を目指したんですか。
那奈 
自然とそういう方向にいったというか。画家をしている父の影響で、絵はもともと好きでしたね。中学生のころは父の教室で、生徒さんたちと一緒に絵を描いていたりもしていました。

―気づいたら絵を描くのが好きで、自分はそっちの道に行くんだろうなって思っていたと。
那奈 なんとなくは思っていました。受験の時は、実技試験に向けて絵の練習をするのが嫌な時期もあったんですが、“美術の道に進むんだ!”ってなんとなく思っちゃってるからやっていけたかな。その後、美術科のある大学に進学し、彫刻の研究室に所属して立体の世界を知ったことで、視野が広がった気がしています。そういう経験のなかで、ビジュアルで表現する仕事をしたいと思うようになりました。絵を描くと「上手だね」って褒められるから、頑張ろうって思って一層好きになっただけかもしれないですけど(笑)。

―ほかにお父様の職業から影響を受けたことってありますか。
那奈 
生活のなかに仕事があるのは影響されているかも。父が仕事は仕事、家庭は家庭っていうタイプではないので、家で絵を描いていることも結構ありました。自分では意識してないだけで、きっと他にもいろいろあるんでしょうね(笑)。


フットワークの軽さで広げた繋がり

―これまでされたお仕事のなかで、特に印象深いものはなんでしょうか。
那奈 憧れの映画美術監督の方とご一緒させていただいたお仕事かな。映画の仕事に憧れていて、いつかクレジットに自分の名前が残る仕事をしたいとずっと思ってて。昨年たまたま知り合いの紹介で、その方にお会いすることができたんです。すごく憧れている方だったので、お会いしたときは「サインください!」くらいしか話せなかったんですけど(笑)。その時、「展覧会があるからもしよかったら」とチケットをくださったんです。「行くしかない」と思い名古屋まで行って、自分がフリーランスでデザインの仕事をしているとお話したら「今度なにか仕事をふれるようにするね」って! その数か月後にご連絡をいただいて、事務所へ遊びに行き、美術のプロデューサーの方を紹介していただきました。後日、公開前の映画の台本などに使われるタイトルロゴや映画内で使うデザインを依頼されて。あれはいつも以上に気合をいれて頑張りましたね。

―その展開は高まりますね!
那奈 
そうなの! 個人的に展覧会に行くくらい好きで、何年か前には影響されて自主映画の団体に入ったくらいだったから。忘れられないように、今でも時々連絡するようにしています。


固執せずほどよい距離感で

―そもそも那奈さんがVALUを始めたきっかけはなんだったんですか?
那奈 以前、堀江貴文さんのオンラインサロンに入っていたことがあって、そこのメンバーがSNSでVALUについて呟いていたのを見たんです。自分に価値がついて具体的な数字を見られるのは面白いし、フリーランスだから失うものもないので始めやすかったです(笑)。

―最初に自分のVAが売れた時のことって覚えてますか。
那奈 
最初のころは、すごい売れていくのが面白かったですね。100円、200円といえどお金がかかっているので、自分の行動にいい意味で責任感が生まれました。更新しなきゃ、何か発信しなきゃって。普段だったら電車でパソコンなんて開かないんですけど、ついつい見ちゃったり(笑)。

―VALUERさんとの接し方や発信する内容等で工夫されたことはありますか。
那奈 
つかず離れずくらいの距離感は意識しています。いろいろな人に会ってみたいし、VALUをきっかけに出会った人と遊んだりもしますけど、固執したくはないなって。発信内容や活動、優待についても特別「何かをしなきゃ」とは思っていないです。いまのVALUって買ってもらった人が「この人に買ってもらいました」って発信する空気があるじゃないですか。でも、本当はそういうことじゃないと思うんです。買った人が「この人のVALUを買いました」ってするほうが自然。だってVALUは、何か目標がある人を応援する場だから。しょうがないかもしれないけど、ちょっぴり力関係が偏っている気もしますね。

―そうですね。フラットな関係性になっていけばいいなと思います。ちなみに、お父様をVALUに引き込んだのも那奈さんですか。
那奈 
そうです。「始めたら面白いんじゃない?」って。最初のころはデータの見方とか、私が電話で教えながらやってました。最近だとVALUをきっかけに展覧会へお越しいただいた方もいるみたいで、今まで父を知らなかった人に届いているのは面白いですよね。あとは母がすっごいハマってます(笑)。「いろんな人がいて面白いよね、これを見てると」って。


VALUで得たきっかけを外の世界に

―那奈さんはVALUのなかでも仕事の幅を広げているイメージが強いのですが、いかがですか。
那奈 
そうかもしれないです。カメラマン保井崇志さんの名刺や、ほっぷっさんのお店のロゴとか。NSTINDANCETONというバンドのアルバムジャケットのデザインもしましたね。私のVAを買ってもらって制作費に当てたこともありますし、依頼してもらうだけではなく、私自身も保井さんの優待を使って、ポートレートを撮影いただいたこともあります。(カバー画像参照)

―すごい! いろいろと繋がってますね。それって、どういう流れで「お仕事お願いします」となるんですか。
那奈 
だいたいは1回お会いして、そこから繋がっています。保井さんは1回優待で写真を撮っていただいて、そのときに「せっかくならVALU内で仕事を振ろうかな」って声をかけてくださいました。デザインや絵って、すごいわかりやすいコンテンツですよね。ネットにアップすると好みの人はよってきてくれるし、興味のない人はそのままスルーだし。「この人ならこういうものを作ってくれる」っていう想像もしやすいから、ビジュアルの仕事をしている人にはVALUみたいにイメージでも表現できるサービスは相性いいなって思います。

―他のSNSでも写真やイラストをアップできると思うんですが、お仕事の依頼はVALU以外のSNSからも多いんですか。
那奈 
VALUは他のSNSよりも、そういう動きが起こりやすいですね。新しいものに敏感で、勢いのあるユーザーさんが集まってるじゃないですか。行動力があってコミュニケーション能力も高い人が多いから、仕事に繋がりやすかったりするのかも。

―VALUイラストレーター合同展「LINKED VALU」にも参加されていたかと思うのですが、もともとのきっかけはなんだったのでしょうか。
那奈 
せっかくだからやってみようかなって(笑)。参加者を募集し始めたころはちょっと迷っていたんですけど、VALUのイラストレーターさんに出会えるいい機会だと思ったんです。結果、普段だったらギャラリーに行かないような人も、たくさん足を運んでくれて。それってすごいことですよね。

(撮影:武藤みき

―たしかにそうですね。 展示と一緒にQRコードを掲出してビットコインの投げ銭ができたのも新しかったと思います。世界初じゃないですか。
那奈 たぶんそうですね。みんなちょっとずつ投げ銭してもらったって言ってました。そういうアイデアも採用しての展示会だったから、面白かったなぁ…。

―VALUでもコツコツと活動を積み重ねている那奈さんですが、今後やってみたいことってありますか。
那奈 VALUをきっかけに生まれた“She”っていうキャラクターがいるんですけど、それを使っていろいろやっていきたいと思ってます。“She”は自分であり他の誰かでもあり、世の中で頑張っている女性のイメージ。今は“She”を使って、英語と日本語でinstagramを更新しています。あとは、法人化して仕事をしていこうかなと。せっかくVALUを通していろんな人に出会えているし、いろんな動き方を知ったので、それを活かしていきたいですね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります…!
24

VALU LTD.

株式会社VALUでは、『評価の基準を変え、お金の流れを変え、フェアな世界をつくる』というミッションのもと、“VALU”と“Fundish”という2つの挑戦的なフィンテック事業を手がけています。現在、一緒に働く仲間を募集中しています! https://valu.is/

よかった記事

2つ のマガジンに含まれています

コメント1件

那奈さんの漢字を思い出そうとすると、芹那さんが出てきてしまうトリプロです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。